熱中症予防の啓発活動

今年も,表記については,いろいろと動きがありました。

2年前に発行した「住まいと住まい方の工夫で熱中症対策」(第2版)の発行,大阪府「高齢者に接する福祉関係者向け暑さ対策セミナー」での講演(6月4日 下記ポータルサイトにスライドあり),NHK くらし☆解説「すまいと熱中症対策」(7月9日)での図の引用,京都新聞(7月23日)でのパンフレットの紹介,「熱中症発生場所 最も多いのは住居」(女性セブン 8月8日号)での柴田先生のコメント,TBS TV  ビビット(8月2日)でのコメント紹介,「京アニ捜査 猛暑が悩み」(京都新聞 8月2日夕刊),「「水」活用で暑さしのげ」(京都新聞 8月6日)でのコメント紹介,等々です。京都アニメーションの事件と私の専門とは特に関係ないのですが,捜査本部が200名規模なので,警察署内に設置することができず,冷房のない警察学校の体育館を使用しているがどう思うか,と記者に取材されたということもありました。啓発という意味では,厳密な用語や表現にはこだわりすぎないことも重要だと感じています。まずは,関心をもってもらい,健康を守るための行動をしようと思ってもらうことに意味がありますので。

 昨年度の環境省熱中症対策シンポジウムの情報も再掲します。

 

大阪府暑さ対策情報ポータルサイト(講演スライド)

http://www.pref.osaka.lg.jp/chikyukankyo/jigyotoppage/atsusataisaku.html

ニュースポストセブン

https://www.news-postseven.com/archives/20190727_1419291.html

2018年度環境省熱中症対策シンポジウム(講演動画+スライド)

http://www.wbgt.env.go.jp/sympo_201801.php

https://www.youtube.com/watch?v=ecBOKvN4g1o&feature=youtu.be

http://www.wbgt.env.go.jp/pdf/sympo/20180604_3.pdf

19前期学生による意見調査

久しぶりの更新です。

 前期の最後の講義を終えて,今年は,「環境心理行動学」と「建築環境工学I」で調査をしてみました。「環境心理行動学」は,今年度で閉講しますので2回生,3回生の合併授業となり,67名の登録がありました。本日は,1名分のみ紹介します。

 「回覧する本が授業内容と関連していて,毎日のトピックの中から気になるものは,後日,自分で本を読んだり,深掘りできるようになっていたので良かったと思う。国内外の論文や文献を用いた講義が主だったが,それらの知識から,私たちデザインを学ぶ学生が何を知識として得て,どのように活かしていくのか,委ねられているように感じた。また,今まで受けてきたどの授業よりも,先生の想いや熱量を感じ,今後につながる知識や考え方を習得することができた。」という回答を読んで,すごくうれしく感じました。たった一人ですが,こんなことを書いてくれる学生がいたことで,これまでの長年の努力が報われた気になれました。

f:id:matsu-blog:20190720154719j:plain

感覚・知覚心理シンポジウム(7月20日大阪市立大学

 

2019日本家政学会

 あまり感じのよくない広告が頻繁に出るようになって,更新のモーティべーションが下がっていますので,久しぶりの更新です。何らかの方法を検討しようと思っていますが。

 5月26日には,表記の学会(徳島,四国大学)に参加しました。今回は,自分自身の発表はなく,柴田先生のポスター発表と西尾先生の口頭発表の共著者でした。夕方には,OBの宮川さんに6年ぶり?の再会を果たして,懐かしい時間を過ごしました。こちらで元気に仕事に励んでいるとのことで安心しました。

f:id:matsu-blog:20190526230457j:plain

宮川さんからお土産にいただきました

f:id:matsu-blog:20190526083009j:plain

阿波踊り会館の近くに宿泊しました


 

2018年度卒業式

昨日3月22日は、卒業式・修了式でした。今年は、どうしても調整できなかった調査が重なったため、卒業式は失礼していまい、謝恩会のみ出席しました。教員の言葉を求められるのですが、その程度の長さかは、当日にならないとわからないので、時間に応じてネタを構成しないといけないので、難しいですね。今年の特徴は、歌う教員が佐藤先生以外に、山川先生も加わりましたので、学生も大喜びでした。1997年度に着任された当時は、「歌って踊れる環境学者」を目指しておられたのですが、その後、あまり聞かなくなりました。今年、突如、復活したわけです。

f:id:matsu-blog:20190322183731j:plain

 

 

2018年度振り返りのゼミと追いコン

今年は更新が鈍くなりましたが,年度末の行事がありました。早めに日程調整ができなかったので,全員参加とはならず,日曜日のゼミ+追いコンの開催となりました。2/8の修士研究発表会+博士後期課程年度末報告会,2/15卒業研究発表会を経て,本日2/24に年間の振り返りゼミを開催しました。1年半,3年半あるいは2年間の研究室での研究活動を振り返ってもらい,ゼミ説明会で説明していたようなゼミ活動ができたのか,どんな学びがあったのか,を報告してもらうのです。スケジュール管理については,改善の余地が大きそうですが,ポジティブな評価ポイントもいろいろとあげてもらいましたので,教員としてはまあまあだったかなと感じています。次は,もう少し改善しようと思うことに意義があります。

f:id:matsu-blog:20190224200124j:plain

今年の追いコン

 

聴竹居の見学会(論文講読法I)


 本日2月10日に1回生7名を引率して聴竹居を見学しました。昨年の12月には,建築学会環境設計運営委員会での見学があったばかりなのですが,今回は,1回生の「論文講読法I」の補講のような位置づけです。昨年は,他の先生のグループが行かれたと聞いていたのですが,僕のグループも「行けたら良かった」と言う声がありましたので,頑張ってみたということです。ボランティアスタッフの方の数が大幅に増えたそうで,リピーターとしてやってきても,新しい話を聞くことができました。本日は,関東大震災の直後に設計されたので,耐震性を意識して作り付けの家具・造作が多いこと,屋根の重量を小さくするために瓦が少ない,ということを学びました。

f:id:matsu-blog:20190210160915j:plain

聴竹居の前で記念写真


 

2018年度修士研究発表会

f:id:matsu-blog:20190207110655j:plain

 はてなブログに引っ越しをしてからというもの,なかなか住み慣れなくて,更新しそびれていました。仕事初めの次は,修士研究発表会というのは,少し間が開きすぎました。例年のように,1月31日が修論の締切でしたが,M2の2名はいずれも,無事に提出しました。この日も,チョコレートケーキで慰労しました。

 この間は,研究室のゼミは週1回月曜日のみに減らして,修論・卒論生は,研究に専念してもらっており,木曜日のゼミは,M1,3回生で進めています。2月7日には,4回生4名の卒論提出も無事に終了して,洋梨のタルトでホッと一息つきました。そして,2月8日には,博士後期課程年度末報告会と修士研究発表会でした。以前と違って,プレゼンのレベルをどのように高めるか,をみんなで議論して進めていますので,かなりクオリティは高いと思います。