聴竹居の見学会(論文講読法I)


 本日2月10日に1回生7名を引率して聴竹居を見学しました。昨年の12月には,建築学会環境設計運営委員会での見学があったばかりなのですが,今回は,1回生の「論文講読法I」の補講のような位置づけです。昨年は,他の先生のグループが行かれたと聞いていたのですが,僕のグループも「行けたら良かった」と言う声がありましたので,頑張ってみたということです。ボランティアスタッフの方の数が大幅に増えたそうで,リピーターとしてやってきても,新しい話を聞くことができました。本日は,関東大震災の直後に設計されたので,耐震性を意識して作り付けの家具・造作が多いこと,屋根の重量を小さくするために瓦が少ない,ということを学びました。

f:id:matsu-blog:20190210160914j:plain

聴竹居の前で記念写真

f:id:matsu-blog:20190210160915j:plain

聴竹居の前で記念写真


 

2018年度修士研究発表会

f:id:matsu-blog:20190207110655j:plain

 はてなブログに引っ越しをしてからというもの,なかなか住み慣れなくて,更新しそびれていました。仕事初めの次は,修士研究発表会というのは,少し間が開きすぎました。例年のように,1月31日が修論の締切でしたが,M2の2名はいずれも,無事に提出しました。この日も,チョコレートケーキで慰労しました。

 この間は,研究室のゼミは週1回月曜日のみに減らして,修論・卒論生は,研究に専念してもらっており,木曜日のゼミは,M1,3回生で進めています。2月7日には,4回生4名の卒論提出も無事に終了して,洋梨のタルトでホッと一息つきました。そして,2月8日には,博士後期課程年度末報告会と修士研究発表会でした。以前と違って,プレゼンのレベルをどのように高めるか,をみんなで議論して進めていますので,かなりクオリティは高いと思います。

 

 

 

2019仕事初め

 昨日4日が,今年の仕事初めでした。学長の年頭挨拶が,今年初めて午後になりましたので,例年よりはゆっくりと出勤しました。研究室メンバーも,修論・卒論の追い込み時期なので,始動しつつあります。

 今回は,昨年のグランフロントの写真の続きです。自然換気(温度差換気)のためのコーナーボイド部分の写真です。最上階から見下ろした写真と,地上から外観を撮影した写真です。ガラスの透過率を意識的に変えているのは,細長いイメージを与えるためなのだそうです。はてなブログに引っ越しをして,まだ使い方がよくわかっていないので,写真のサイズがなかなかうまくいきません。

 

f:id:matsu-blog:20181216145901j:plain

グランフロント北館のコーナーボイド

f:id:matsu-blog:20181216153456j:plain

コーナーボイド部分の外観(ガラスの透明度が異なる)

 

2019謹賀新年

 2019年の最初の投稿です。はてなダイアリーが終了するとのことなので,そちらから,引っ越しをしてきました。よくわからないまま,ブログのURLも決めてしまったので,これでよかったのか,微妙ですが。はてなダイアリーを選んだのは,無料でも広告が入らないことだったので,広告が入るようになったのは不満 です。

 明日から仕事初めなので,充電を十分にしておきたいと思います。

f:id:matsu-blog:20181226141755j:plain

昨年末の傘富士

 

 

 

3回生のゼミ

松原です。
 後期のゼミは,月曜日と木曜日の午前で,月曜日は全員出席しますが,先週から,木曜日は,M1と3回生以外は自由参加としています。修論,卒論の追い込み時期だからです。本日は,卒論のテーマにつながる3回生の問題意識について議論しました。
 また,本日は今年最後の研究科教員会議と忘年会もありました。会場は,in the Greenで,京都コンサートホールの玄関前を通過して行くのですが,写真のようなライトアップをしていました。

 

グランフロントの見学

松原です。
 卒論,修論は日に日に緊迫度を増していますが,本日は,環境設計運営委員会の見学会があり,聴竹居とグランフロントに行きました。聴竹居は,写真はアップできません。グランフロントの屋上にはヘリポートがあり,自然換気の2種類である,風力換気と重力換気を起こすデザインがなされています。南館のタワーAが風力換気,北館のタワーBが重力換気で,それぞれが,ファサードにも反映しています。「図説 建築環境」では,亡くなった甲谷先生が執筆された部分(p.126)に解説があります。
 


第42回人間ー生活環境系シンポジウム(大阪)

松原です。
 本日から,表記のシンポジウム(学会大会)が摂南大学で開催されています。宮本征一先生が大会長です。僕自身は,会長を拝命して初めてのシンポジウム(学会大会)なので,基本的に開会から閉会まで参加して,学会の運営に気配りをしています。本日は,研究室からは,大神君,淡路谷君のポスター発表がありました。また特別講演として,田村照子先生の「衣の快適性研究に携わって ー異分野交流はアイデアの宝庫ー」がありました。人間生活環境系学会は,学際的学会であり,異分野交流ができることが最大の魅力ですので,そのことを,第1回人間ー熱環境系シンポジウム当時からの思い出と合わせて語っていただきました。現会長としても,学会活動を活性化していく上で,たいへんに勇気つけられる講演内容でした。懇親会の会長挨拶でも,異分野交流を活発にして,来年も是非来たくなる,そんな会にしましょう,と言いました。来年度は,桒原先生(釧路高専)が大会長をされ,久しぶりの北海道大会です。